ご法要・法事

仏式

■仏式

法事とは
追善供養のほかに慶賀・祈願・報恩などを含む全ての仏教行事・儀式を指します。
法要とは
追善供養(遺族が故人の冥福を祈る仏教儀式)を指します。
また、追善供養そのものを法要と呼ぶことに対し、追善供養に後席の会食までを含んだものを法事と呼ぶこともあります。
法事法要を営むことによって、故人が無事に極楽浄土に往生できるといわれておりますので、葬儀後の故人を供養する非常に重要な儀式です。
法事法要の種類
具体的には以下のような種類があります。

法要の種類 法要の種類 法要の種類
初七日 7日目
(葬儀当日に行うことも多いです。)
遺族、親族、友人・知人などで供養し、
読経・焼香のあと会食をします。
二七日忌 14日目 遺族で供養します。
読経・焼香は省略することが多いです。
三七日忌 21日目 同上
四七日忌 28日目 同上
四七日忌 35日目 遺族、親族、友人・知人などで
忌明けの法要を行います。
六七日忌 42日目 遺族で供養。読経を省略することが多いです。
七七日忌
(四十九日)
49日目 遺族、親族、友人・知人などで
忌明けの法要・会食を行います。
百か日忌 100日目 遺族、親族で供養。
読経を省略することも多いです。
一周忌 満一年目 遺族、親族、友人・知人などで
供養を行った後に会食をします。
三回忌 満二年目 同上
七回忌 6年目 遺族、親族で供養し、七回忌以降は、
少しずつ規模を小さくするのが一般的です。
十三回忌 12年目 遺族だけで行うことが多いです。
十七回忌 16年目 同上
二十三回忌 22年目 同上
二十七日忌 26年目 同上
三十三日忌 32年目 同上
区切りの年忌法要で三十三回忌、五十回忌を
した後、50年ごとに行う場合もありますが、 ここで終了するのが一般的です。

何回忌まで法会をするのか
一般的に三十三回忌で弔い上げとなり、法要は終了します。

■亡くなってからの日数の数え方
百か日忌までの日単位の法要の場合
亡くなった日を含めて数えるのが一般的です。
(※関西では亡くなった日の前日から数える場合もあります。)

■年忌法要の場合
一周忌は亡くなってから満1年目ですが、一周忌以降の〇回忌などの「回忌」とつく法要は満「〇ー1」年になりますので注意が必要です。
(例:三回忌 は満2年、七回忌は満6年)
その他の法要
その他に、毎年の個人の命日(祥月命日)、お彼岸(春と秋) お盆(7,8月) などに、年忌法要に関係なく、故人や先祖を供養します。
初七日の手順
初七日とは
仏教では人が死ぬと七日ごとに七回、閻魔大王により生前の所業を裁かれ、 四十九日目に判決が言い渡されるといわれています。
裁判の日を忌日と呼びます。初七日は最初の忌日になり、葬儀後、最初に行われる大事な供養です。また、この時に今後の法要、納骨などの日時をお決めになるのがよいでしょう。

最近では、参列者の時間的負担を考慮して(特に遠方からの親近者を考慮して)葬儀のあとに、還骨勤行と共に行う場合が多くみられるようになりました。
また、告別式のお経に引き続いて初七日のお経をあげてもらう場合もみられます。
以前は、四十九日まで七日ごとに集まり、法要することで、死者を弔い、また周囲の人が遺族の悲しみを思いやりましたが、時代の変化ととも形式も変わっているようです。

■還骨勤行(かんこつごんぎょう)とは
火葬場から帰ってきた遺骨を迎える、葬儀を締めくくる儀式で、遺族、会葬者が後飾りの祭壇の前に集まり、灯明をつけ線香を揚げ、ご寺院様にお経をあげてもらう儀式を指します。

四十九日とは
仏教において、亡くなってから49日間を「中陰」と呼びます。これは、亡くなってから次の生を受けるまでの間の期間で、故人は成仏できずにさまよっているといわれています。
その間、7日ごとに7回、閻魔大王により生前の所業を裁かれ、四十九日目に判決がいい渡されるといわれています。この四十九日目の判決の日が「忌明け」とされます。
遺族は「忌明け」までの7回の裁きに合わせ法要を行い、故人の罪が少しでも軽くなり、成仏できるようにと祈ります。判決の日となる、四十九日は故人が極楽浄土へ行けるかどうかが決まる大切な日なのです。
また、四十九日を七七日(なななぬか)とも呼びます。
五七日(いつなぬか)が「忌明け」の地方も
五七日の法要は、故人がなくなった日から数えて35日目に営む法要です。地方によっては、五七日を忌明けとすることもあります。四十九日が3ヶ月目に入ってしまうことを「三月越し」といい、「始終苦(四十九)労が身につく(三月につく)」からと、 35日目に法要を行う場合もあります。語呂合わせに過ぎないといわれていますが、ご心配であればご寺院に相談するとよいでしょう。

■香典返し
忌明けに合わせて香典返しを送ります。
「忌明け」の次は百か日法要
百か日法要とは「忌明け」が終わってから最初に行われる法要で、亡くなってから100日目に行われます。また、この法要は遺族のみで営むことが多いので、最近では省略される場合も多く、忌明けの法要(四十九日の法要)と一緒に行われることも少なくないようです。
挨拶や遺品の整理などの雑事は「忌明け」から、百か日法要までの間に済ませます。


■一周忌の手順
一周忌とは
故人が亡くなって、翌年の満1年目の間に初めての祥月命日に行う法要が、一周忌です。この一周忌は、年忌法要の中でも、特に重要とされている大切な法要です。
喪が明ける
一周忌を終えると喪の期間も終了します。


■三回忌の手順
三回忌とは
三回忌とは亡くなってから満2年に行う法要で一周忌 の後に行います。特に三回忌からは回忌という数え方になりますので、注意が必要です。
数え方は〇回忌=満(〇ー1)年です。


また、時代の変化もあり、ごく家族だけで行う場合や、法会を行わない場合も増えてきています。

神式/霊祭

神式では、仏式の忌日にあたる日を斎日(ときび)といいご法要にあたる儀式を霊祭と呼びます。葬儀の翌日の翌日祭にはじまり、十日毎に五十日まで続く毎十日祭。その後は、百日祭、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭、と続き、あとは十年ごとに百年祭まで霊祭を行います。

法要の種類 行う時期
(亡くなってから)
内容
翌日祭 葬儀の翌週 遺族で拝礼
十日祭 10日目 遺族で拝礼
二十二日祭 20日目 遺族で拝礼
省略することもあります
三十日祭 30日目 遺族で拝礼
四十日祭 40日目 遺族で拝礼
省略することもあります
五十日祭 50日目 神官、親族や友人・知人を招いて盛大に行う。
この日で忌明けとすることが多い。
百日祭 100日目 遺族で礼拝
省略することも
一年祭 1年目 親族、友人・知人も招いて盛大に
本来は、この日が忌明け
二年祭 2年目 遺族で拝礼
三年祭 3年目 神官、親族なども招いて盛大に
五年祭 5年目 神官、親族なども招いて盛大に
十年祭 10年目 神官、親族なども招いて盛大に
五十年祭 50年目 遺族で拝礼

キリスト教/記念祭

神式では、仏式の忌日にあたる日を斎日(ときび)といいご法要にあたる儀式を霊祭と呼びます。葬儀の翌日の翌日祭にはじまり、十日毎に五十日まで続く毎十日祭。その後は、百日祭、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭、と続き、あとは十年ごとに百年祭まで霊祭を行います。

プロテスタント

七日目、一ヶ月目に祈祷会を行い、一年目の召天記念日には記念祭を営みます。そしてしばらくは毎年記念祭を行います。

カトリック

三日目、七日目、三十日目、そのあとは毎年召天記念日に追悼ミサをとり行います。



■出席するのがマナー
法要は葬儀やお通夜と違って、招待をうけて参列するものですので、招待されたらできるだけ出席するのがマナーです。


■早めに返信するのがマナー
法要の準備をするには前もって人数を把握する必要がありますので、案内状が届いたら早めに返信するのがマナーです。


■供物を持っていくか、現金を包んでいくのがマナー
法要に出席する時は、供物を持っていくか、現金を包んでいくのがマナーです。金額は一万円程度が多いようですが、故人との関係によっても金額はかわります。
また、袋、表書きの仕様は宗教によって違いますので、下の表を参考にしてください。

  内容

御香典 御霊前 ごれいぜん
御仏前 ごぶつぜん
御香典 おこうでん、ごこうでん
御香奠 おこうでん、ごこうでん
御供物 おくもつ
御供料 おそなえりょう
御弔典 ごちょうでん
御香料 おこうりょう
御霊前 ごれいぜん

御神前 御神前 ごれいぜん
御供 おそなえ
御霊前 ごれいぜん
御玉串料 おんたまぐしりょう
御神饌料 ごしんせんりょう
幣帛料 へいはくりょう





御花料 御霊前 ごれいぜん
御花料 おはなりょう
御花輪料 おんはなわりょう
御ミサ料 おんみさりょう、カトリックで使用します。
忌慰料 きいりょう、プロテスタントで使用します。

御霊前について

仏式、神式、キリスト式すべてに使用できる表書きが「御霊前」です。迷った時や、相手の宗教が分からないときには「御霊前」を使用するのが無難でしょう。(浄土真宗では使われません。)
表書きの文字の書き方
表書きは薄墨を使って筆で書きます。ボールペン、マジックやサインペンなどで書くと間に合わせにみられてしまい、大変失礼になりますので気をつけましょう。筆がない場合は、薄墨の筆ペンなどが文房具屋にあります。

服装のマナー

法要に出席する時は略式喪服を着用するのが一般的ですが、迷った時は、一緒に参列する人に聞いてみるのがよろしいかと思います。


■男性
ダークスーツ、白い襟付きのシャツに地味なネクタイ、靴下は暗い色ものにします。


■女性
黒色のスーツかワンピース。露出度の高い服は避け、アクセサリーや化粧も控えめがよいでしょう。


また、平服のご案内があった場合は、黒い服を避け、平服で参列されるのがよろしいかと思います。ただし、派手なもの、ラフすぎるものを避けましょう。
法事法要に欠席する場合のマナー
どうしても参列できない場合は、なるべく早くに返事を出して出席できないことのお詫びをされるとよろしいかと思います。お詫びの言葉とともにお菓子や果物、生花やお香典を送るとよいでしょう。近しい方なら、法要当日は参列できなくても、法要の前後に仏壇にお参りさせてもらうこともよろしいのではないでしょうか。

お問い合わせはこちら フリーダイヤル0120-117-338 電話0268-22-0128